内縁の夫婦で財産を相続させるには

婚姻届は出していないけど、社会的には夫婦同然の生活をしている男女の関係を「内縁関係」といいます。内縁関係という言葉に多少後ろめたい響きがあるためか、最近は「事実婚」というのが一般的ですね。

この内縁の夫婦のどちらかが亡くなっても、残された方は亡くなった方の財産を相続することはできません。

なぜなら、法律では「配偶者」は常に相続人となると決められていますが、この「配偶者」には内縁の夫または妻は含まれないからです。つまり内縁関係では法律上の相続人になれないのです。

では、内縁関係にある男女は、財産を相手に引き継がせる方法はないのでしょうか?長く連れ添ったお二人であれば、婚姻届は出していなくても夫婦として財産は相手の方に相続させたいと思われるでしょう。

一番良いのは遺言を書くことです。遺言で相手の方に財産を引き継がせる(「遺贈」といいます)と書いておけば、残された方が財産を引き継ぐことができます。この遺言は公正証書にしておいた方が、無効になるリスクが無く安心です。

しかし、遺言は「まだ元気だから」と言って、先延ばしにしがちです。そうこうしているうちに、結局遺言を残さないまま亡くなってしまったというケースも見てきました。そうなってしまうと、何も相続できないかもしれません。

ですから、内縁の関係にある場合、お元気なうちに遺言を作った方がいいですよ。

遺言書作成の相談

    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • ご相談者様からの声 優しい先生で安心しました!スタッフの対応が素晴らしい!事務所の雰囲気が明るく安心して相談できました!皆様からのご相談お待ちしております

  • 登記・法律相談は神戸相続遺言手続きサポートへ TEL:078-362-5620 受付時間:平日 9:00 -19:00土曜日の面談も可能です(要予約)