中国籍の方の相続(中国人の相続登記)

中国の方の場合は、日本に不動産があれば不動産の相続については日本法によることになります。また、動産についても亡くなった方が日本に住所を有していたときは日本法によります。

中国の場合、日本のような戸籍制度が無いので、これに代わる書類で相続関係を証明する必要があります。

具体的には、大使館、領事館で公証書を発行してもらいます。神戸に在住の方の場合、神戸の華僑総会を経由して、大阪領事館で公証書の交付を受けます。なお、華僑総会への申請は、中国籍の方しかできませんし、代理人で手続きすることは認められていません。

 

 


    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • ご相談者様からの声 優しい先生で安心しました!スタッフの対応が素晴らしい!事務所の雰囲気が明るく安心して相談できました!皆様からのご相談お待ちしております

  • 登記・法律相談は神戸相続遺言手続きサポートへ TEL:078-362-5620 受付時間:平日 9:00 -19:00土曜日の面談も可能です(要予約)