韓国籍の方の相続(韓国の相続登記)

韓国籍の方が亡くなったときは、原則として韓国法に従いますが、亡くなった方が遺言で日本法によることを指定していたときは日本法によることになります。

韓国の法定相続人

韓国の法律では法定相続人は次のようになります。配偶者がいる場合、配偶者は常に相続人になります。

第一順位 直系卑属 この場合、子が複数いるときはこの相続分は平等で、配偶者の相続分は子の相続分に5割を加算します。

例として、配偶者と子2人が相続人の場合、法定相続分は配偶者:子:子=3:2:2となります。

 

第二順位 直系尊属 この場合も配偶者の相続分は、直系尊属の相続分に5割を加算します。なお、配偶者がいて直系卑属も直系尊属もいない場合、配偶者のみの単独相続になります。

 

第三順位 兄弟姉妹 被相続人に配偶者がいるときは、兄弟姉妹に相続分はありません。配偶者、直系卑属、直系尊属がいない場合、兄弟姉妹が相続人になります。

 

第四順位 四親等以内の傍系血族 おじ、おば、いとこが相続人になります。

 


    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • ご相談者様からの声 優しい先生で安心しました!スタッフの対応が素晴らしい!事務所の雰囲気が明るく安心して相談できました!皆様からのご相談お待ちしております

  • 登記・法律相談は神戸相続遺言手続きサポートへ TEL:078-362-5620 受付時間:平日 9:00 -19:00土曜日の面談も可能です(要予約)