今さら?疎遠だった親や親族の相続 関わりたくないとき相続放棄 亡くなって3か月過ぎててもあきらめないで
司法書士事務所神戸リーガルパートナーズにご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

両親が離婚してからずっと会っていなかった父が亡くなったと連絡があった
疎遠だった親族の不動産について固定資産税課から連絡があったが関わりたくない
知らない親族の相続について遺産分割の連絡があったが関わりたくない
生前の生活状況を全く知らず借金があるかもしれないので放棄したい

このように疎遠だった親族が亡くなって相続人になったが関わりたくないという相談は私どもの事務所でも少なくありません。

相続に関わりたくないときは、家庭裁判所で相続放棄をして認められれば、初めから相続人ではなかったことになり、以後相続人として関わることはありません。

疎遠だった親族の相続について関わりたくない場合は、相続放棄が選択肢になります。

「関わりたくない」という理由に多少の後ろめたさを感じているかもしれませんが、実際には関わりたくないという理由で多くの方が相続放棄をされています。

ただし、相続放棄をするかしないかは3か月以内に決めないといけないので、迷っている時間はあまりありません。また、相続放棄のチャンスは一度きりなので失敗は許されません。まずは早めに司法書士事務所神戸リーガルパートナーズに相談してください。

相続放棄の手続き

相続放棄とは、家庭裁判所に申し立てることで、最初から相続人でなかったことにしてしまう手続きです。

最初から相続人でなかったことになるので、以後相続人として関わることはありません。相続放棄をすることによって、亡くなった方の税金や負債を支払わなくてもよくなりますが、同時に財産も一切相続することができなくなります。

例えば固定資産税課から連絡が来て初めて相続人になったことを知ったような場合、相続放棄をすれば固定資産税の支払い義務は無くなりますが、不動産を相続することもできなくなってしまいます。そのため、本当に相続放棄をして関わらないようにしてしまうのかは慎重に決める必要があります。

相続放棄の手続きの流れ

相続放棄の流れ

相続放棄は、家庭裁判所に対して相続放棄申述受理申立書という書類を提出します。管轄の裁判所は、亡くなった方の最後の住所地を管轄する裁判所です。亡くなった方と疎遠な場合、最後の住所地をご存じないこともありますが、その場合でも戸籍附票などを取り寄せて最後の住所を調べます。管轄の裁判所が遠方の場合は郵送で書類を提出します。

相続放棄には期限があり、相続人になったことを知った日から3か月以内に裁判所に相続放棄申述受理申立書を提出しなければなりません。

申し立て後に裁判所から照会書が届き、それに対する回答書を提出しますが、裁判所や事案によっては照会が無く申し立て後すぐに受理されることもあります。

受理通知が届いたら受理通知の写しを他の相続人や役所に送れば、以後あなたに対する連絡はありません。

相続放棄は簡単? 相続放棄で失敗しないために

相続放棄は、あなたご自身で申し立てをすることも可能です。一見すると相続放棄の手続きは簡単そうに思えるかもしれません。

ですが、相続放棄の相談に来られた方と話してみると、相続放棄の意味や相続放棄をするとどうなるかといった効果について、間違った理解をされている方は少なくありません。

また、個人の判断で相続放棄をした結果、本来なら受理されるはずの相続放棄が却下されたり、相続放棄すべきでないのに相続放棄をしてしまったために事態を複雑にしてしまった事例も見てきました。

ですから、あなた個人の判断だけで相続放棄をすることはおすすめできません。専門家に相談してからでも遅くはないのです。

相続放棄は一度きりで失敗が許されない手続き

相続放棄の申し立てができるのは一度きり、しかも失敗が許されない手続きです。

裁判所に相続放棄が却下されてしまうと再度の申し立てはできませんし、逆に相続放棄が一度受理されると取り消すことはできません。

被相続人と疎遠で今さら関わりたくなくて相続放棄をする場合、相続放棄で失敗すると今後も相続人として関わりを持つことになります。仮に被相続人に借金があった場合、その借金も支払わなければなりません。だから、相続放棄で失敗は許されません。

相続放棄を申し立てる際は、専門家に一度ご相談されることを強くおすすめいたします。

被相続人が亡くなって3か月を過ぎている場合

相続放棄は、相続があったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てしなければなりません。

被相続人と疎遠だった場合、亡くなって3か月を過ぎてしまっていることも珍しくありません。しかし、亡くなって3か月を過ぎていても、被相続人が亡くなったことを知った日から3か月以内であれば相続放棄は認められます。

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズは、亡くなってから3か月を過ぎて初めて相続を知った方の相続放棄の申し立てをこれまでに何件もお手伝いし、相続放棄を認めてもらってきました。

亡くなって3か月を超えて相続放棄をしようとすると、「期限を過ぎているので相続放棄は認められない。」と言われることもあるようですが、亡くなって3か月を過ぎていても、あきらめないでご相談ください。

もっとも、亡くなって3か月を過ぎた相続放棄を申し立てるには、事情を詳しくお聞きしたうえで、亡くなったことを知らなかった事情を申立書にまとめたり、裁判所からの照会に対する回答書に書く必要があります。

万が一、申し立てが認められなかった場合には、今後も相続人として関わらなければならないので申し立ては慎重を期す必要があります。

亡くなって3か月を過ぎて相続を知って相続放棄を申し立てる際は、あなた自身の判断で申し立てをしようとしないで必ず専門家に一度相談してください。

また、相続人になったことを知った日から3か月以内には相続放棄の申し立てをしないといけないので、早めに相談されることをおすすめします。

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズの サポート内容

相続放棄の費用

報 酬 ライトプラン ミドルプラン
一番人気
フルパック
亡くなって3か月以内 9,000円 40,000円 60,000円
亡くなって3か月超で亡くなったことを知って3か月以内 19,000円 50,000円 70,000円
亡くなったことを知って3か月超 29,000円 60,000円 80,000円
2人以上割引 相続人お二人以上から同時に相続放棄のご依頼があったときに、お二人目以降の方の報酬を割り引きするサービス なし お一人様
10,000円引き
お一人様
10,000円引き

ライトプランは、相談及び相続放棄申述書の作成のみを行います。

ミドルプランでは、相談、必要な戸籍謄本等の取得、相続放棄申述書の作成、裁判所への提出代行、裁判所からの照会への回答書作成支援を行います。

フルパックプランでは、ミドルプランに加えて、債権者への通知および次順位相続人に対する相続放棄の連絡事務を行います。

事務所のご案内 司法書士事務所神戸リーガルパートナーズ

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズは、司法書士歴25年以上の経験豊富な司法書士によって運営されています。

事務所は、三宮駅から徒歩圏にあり神戸市内どこからでもアクセスは容易です。

相続放棄の相談はお気軽にお問い合わせください。

事務所名  司法書士事務所 神戸リーガルパートナーズ
所属司法書士

 井上佐知子 (兵庫県司法書士会998号)

 佐伯文弘  (兵庫県司法書士会1177号)

所在地  兵庫県神戸市中央区磯辺通3丁目1番2号
 NLC三宮701
電話番号    078-262-1691
業務時間
  •  9:00~17:30
     ※休業日 土曜日・日曜日・祝日
     ※土曜日・時間外の面談も可能です(要予約)
交通アクセス 
  •  三宮駅徒歩7分
  •  ポートライナー貿易センター駅すぐ(地図は本ページ末尾)

お問い合わせはこちらから

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズへのお問い合わせは、電話、LINE@、メールでできます。

電話:078−262−1691(24時間電話受付、営業時間外はオペレーターの対応になります。)

LINE@からのお問い合わせは下記LINE@をクリックしてください。(午前7時から午後10時まで、時間外は自動返信となります)

メールでのお問い合わせは下記メールフォームからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

お問合せ内容

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズ地図